チームエアーメンバーはいつでもメンバー募集中!
「入会」「とりあえず1回参加」「資料請求」・・・。
まずは気軽にお問い合わせください。






ダイバーもこれからはじめようと思っている人も、
野生のイルカと泳ぎたい人も、
飲むことが好きな人もダイビングはちょっと・・・って人も、
みーんなメンバーになりませんか!!


最初はビジターで参加してみて

雰囲気をみて

「いいかな!」って、思ったら入会手続きをしてくださいね。

●メンバー特典
@通常料金(ビジター)をさらに安く、メンバー料金で参加できます。
A器材をメンバー特別価格で提供することが可能です。
Bその他、いろいろなメリットを提供します。

●入会方法
1.電話で申し込む場合
<関東地区の方>
チームエアー事務局
Tel 03-5833-5144

<東海地区の方>
チームエアー美濃長良川店
Tel 0575-31-0588

案内書類をお送りします。

2.インターネット申し込みの場合
下記欄に入力の上、送信してください。 はどちらか、は必須項目です。
お問い合わせのみの場合は、「その他の質問」の欄にご自由にお書きいただき、送ってください。

ご用件 
氏名(漢字) 
氏名(ふりがな) 
生年月日 
住所(自宅) 
自宅電話 
携帯電話 
E-mail 
チームエアーを知ったきっかけ
興味のあるジャンルを選択(3つまで)・・・

ダイビング認定(Cカード)について・・・ Cカードをお持ちの方
Cカードの認定団体
ランク 
経験本数

Cカードをお持ちでない方(いずれかを選択)
そのほかご質問等ありましたら、ご記入ください。

●入会確認
振込み(入会金と年会費)入金が確認できた時点で、入会となります。

●入会に関する費用
入会金2000円+年会費5000円です。
(女性の入会金は1000円です。レディーファースト制採用ということで男性の方はご理解のほどお願いします)

●振込先
楽天銀行 ロック支店 普通 7009975 (有)アーバンプラネット

●更新について
入会初年度は、入会の月によってA、B、C、Dの4期に分かれます。 1〜3月に入会の人はA 、4〜6月に入会の人はB、7〜9月に入会の人はC、10〜12月に入会の人はD となり、更新月を年4回に分けています。 例えば、5月に入会されると、Bとなり、翌年から6月末日で更新手続き、7/1から会員資格更新完了ということです。初年度は端数月も含めて約13ヶ月間会員になり翌年から区分をA、B、C、D、として4期ごとに一括で更新となります。

ページトップに戻る



イベントは必ず事前に申し込みをしてください。
申し込み方法は下記の方法があります。

1.事務局での申し込み
事務局で直接、スタッフに申し込みをしてください。

2.電話での申し込み
電話でも正式な申し込みとなりますが、電話申し込みの後、FAXかE−mail(下記参照)にて、送信してください。

●チームエアー事務局
〒101−0025
東京都千代田区神田佐久間町3−5 第2桜井ビル2F

電話&FAX
03−5833−5144


E−mail
お問い合わせ   air@teamair.net
イベント申し込み event@teamair.net


■イベントスケジュールは、出発日よりさかのぼって14日以前の段階で最小催行人数に達していない場合は、予告なく中止することがあります。思い立ったら、早めに申し込みをしてください。
■チームエアーの会費およびイベント費用は、指定口座に必ず振り込んでください。申し込み後にキャンセルをする場合は、早めに申し出てください。規定により下記のキャンセル料がかかりますのでご了承ください。

振り込み先 楽天銀行 ロック支店 普通 7009975 (有)アーバンプラネット

9日前まで なし
8日前まで 20%
2日前まで 30%
前日まで 50%
当日 100%
*海外ツアーのほか、飛行機や船舶など事前予約を伴う国内ツアーは別途規定があります。予約時に必ず確認してください。

ページトップに戻る



清く、正しく、楽しく、そして安全に活動するための規約があります。守っていただけない方は、メンバー相互の品位を守るため、是正注意、戒告、除名などの処分となります。刑事事件等は警察など外部の公的機関を通じて適切な処置を講じます。

1.メンバーはイベントでの他のメンバーのプライベートな情報(住所・氏名・電話 番号・メールアドレス・HPアドレス)を聞くことを一切禁止します。
事例その1 (女性)
女性メンバーが飲み会で住所を教えたら、その後しつこく電話がかかってきて交際を迫られた、という報告。
事例その2 (女性)
電話番号を教えたくなかったけど、チームエアーの雰囲気を壊すのは悪いなと思い、いやいやながら教えるはめになった。

2.自分の知り得た他人の住所をその当人の許可を得ずに第三者(メンバーを含む)に教えることを一切禁止します。
事例その3 (男性)
住所を名簿会社に売られて、マルチ商法の商品の販売勧誘が続いた。

3.当クラブ内で知り合った人に対して、個人的な勧誘、営業活動、宗教活動、 政治活動、ダイビングツアーの勧誘を無断で行うことを一切禁止します。
事例その4 (男性)
チームエアーで知り合い、「自分がガイドしてやる」とメンバーの企画した別のダイビングツアーに無断で勧誘して無保険で事故をおこした。運営スタッフは まったく知らなかったが、その被害者はチームエアーのイベントだと思い込んでいたため、保険を適用したい旨の連絡が入って判明。「チームエアーの主催するイベントの管理下」という条件にあ てはまらず、保険適用されず。個人に数十万円の支払いが生じる。その後チームエアーに復帰できず、大切なメンバーを無くした。

今年で16年目を迎えることができたのも、これらの過去の問題や出来事からできた女性メンバーを守る規約があるからなのです。 過去の弱者救済のための決まりとして現在定着しています。但し、教えたから、聞いたから問題があるのではなく、あくまで社会人の常識の範ちゅうで理解していただき、問題の発生の防止と、 何か問題起きてしまったときに、ストーカー行為などから弱者に代わって対処する。 というのが正式な規約のできた理由です。現在チームエアーでも数千件の住所データを預かっていますので相互信頼のもとでしっかりとした名簿管理をしていきます。

ページトップに戻る  TOPへ戻る